目標を達成するためには?

先日のイチロー選手の引退は日本中に衝撃が走りました。

野球を知らない人でさえイチロー選手のことは知っていたのではないでしょうか。

多くの野球選手やメジャーリーガーにでさえ影響を与えたイチロー選手。

個人的には今後は野球のみならず日本のスポーツ界全体に携わってほしいな

と勝手ながら思ってます。

85分に及ぶ引退会見もイチロー節が出ておりましたが

野球やスポーツだけでなく、ビジネスにも通ずる発言がありました。

ちょっと越えていくということを繰り返していく

記者から、ファンの方に伝えられたことや、伝わっていたらうれしいなと思うことはあるか?

という質問に対しての回答ですが

「人より頑張ることなんて、とてもできないんですよね。

~中略~

自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。

そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。」

いきなり大きく進めようとすると無理がかかりモチベーションが下がったり

身動きが取れなくなることはビジネスにおいても同じです。

人事評価などで目標を設定する企業も多いと思いますが

目標を達成するための行動目標が設定できず

結局「達成できませんでした」で終わってしまうことが多いです。

ちょっと越えていく、ためには

目標達成するために明日からできることは何か?

を考えることが重要です。

さらに、続きます。

ある時は後退しかしない時期もある

「地道に進むしかない。進むだけではないですね。

後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。

でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。

でも、それは正解とは限らないですよね。

間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど

でも、そうやって遠回りすることでしか

本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。」

これは今のビジネスにも同じことが言えると思います。

今は時代のスピードが早く、準備や段取りに時間を割いていては

間に合わなくなる可能性もあります。

失敗したとしても進めながら修正していかないといけません。

失敗を許容しチャレンジを奨励できるか

チャレンジを奨励している企業は増えていると思いますが

これが上手くいくかどうかは人事評価制度と

「叱り方」にかかっています。

最近では「叱り方」についての研修依頼も増えています。

また、社員研修を企画したいが、迷っているという方は弊社より

絶対に失敗しない社員研修7つのステップ

の資料を無料でお届けしておりますので、参考にしてください。

    必須お名前

    必須ふりがな

    必須メールアドレス

    任意御社名

    必須電話番号

    投稿者プロフィール

    中山 大輔
    中山 大輔株式会社アーシブ 代表取締役・日本メンターコーチ協会 認定コーチ
    11 年間会社の総務人事担当者として、労務管理や社員教育などを担当。
    株式上場チームにも所属し、その際、内部統制構築、内部監査
    子会社統括管理の担当者となる。
    その後、研修会社に転職し日本全国で延べ2,000 時間以上の社員研修の実施に携わる。
    2016 年に株式会社アーシブ設立。
    リーダーシップやマネジメントの企業研修講師を行い
    介護施設の離職率を20%から6%に下げ
    ホテルでは新入社員の離職率が50%前後だったのを1年で11%
    2年目は7%にするなどの成果を出している。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    CAPTCHA


    関連記事

    リーダーシップを身につけるための社員研修は様々なものがあります

    五月病が心配な時期ですが

    コーチング研修の人気の高まり

    定着率アップと生産性向上を図る

    最近の若者は・・・?

    内定辞退問題

    PAGE TOP