「違う」とは

研修 スタッフブログ

日々を過ごしていると、自分とは違う考えなどに出会うことがあります。

その「違う」にイライラしたり、不安になることもあると思います。

「部下の考えていることがわからない」

「なぜ理解してくれないのか」

こんな相談を受けることもあります。

またニュースなどでは、そのちょっとした「違う」が事件に発展したり

時には戦争にまで発展することがあります。

そもそも「違う」こと自体は問題なのでしょうか?

「違い」=「間違い」?

ちょっと算数の問題を解いていただきたいのですが

四角に入る数字を答えてください。

上記の問題の答えは?

もちろん10ですよね。

それでは次の問題は?

さて、上記の問題の答えは何でしょうか?

5+5=10でしょうか。

1+9=10でもいいですし

‐1+11=10なんて答えも出てくるかもしれません。

これは算数の問題なので、四角に当てはまる数字が違っても

怒る人は居ないと思いますが

普段の仕事や生活の中で同じことが起きてませんか?

目的が達成できれば良い

自分のやり方と違う、考え方と違う

普段からこのようなことは頻繁に起こるはずです。

そのことにイライラしても、ちょっと待ってください。

その考え方、やり方で目的は達成できないのでしょうか?

先ほどの問題で考えれば四角に当てはまる数字は

=10になるのであれば何でもよかったはずです。

遠回りになるかもしれませんし、ひょっとしたら事故につながるかもしれません。

その時は「~ということが起きたらどうする?」

と質問してみてください。

ここであなたから答えを伝えてしまうと

相手の自主性を削ぐことになりますので

あくまでヒントを与えて考えさせることが重要です。

そして一番重要なのは「目的」をしっかりとお互いに共有することです。

「目的」を達成するための組織作りの研修やワークショップも行ってますので

興味があればお問い合わせください。

相談は無料です。

    任意お名前
    任意ふりがな
    必須メールアドレス
    任意御社名
    任意電話番号
    必須お問い合わせ内容

    投稿者プロフィール

    中山 大輔
    中山 大輔株式会社アーシブ 代表取締役・日本メンターコーチ協会 認定コーチ
    11 年間会社の総務人事担当者として、労務管理や社員教育などを担当。
    株式上場チームにも所属し、その際、内部統制構築、内部監査
    子会社統括管理の担当者となる。
    その後、研修会社に転職し日本全国で延べ2,000 時間以上の社員研修の実施に携わる。
    2016 年に株式会社アーシブ設立。
    リーダーシップやマネジメントの企業研修講師を行い
    介護施設の離職率を20%から6%に下げ
    ホテルでは新入社員の離職率が50%前後だったのを1年で11%
    2年目は7%にするなどの成果を出している。

    関連記事

    この記事へのコメントはありません。

    CAPTCHA


    アーカイブ

    カテゴリー