人材不足を解消するための社員研修が札幌でも広がっています

人材不足を解消したい、この思いは業種を問わず札幌でもたくさんの企業が望んでいることではないでしょうか。

数年前から女性活躍推進法が施行された影響で女性管理職や育児休業を活用する企業も札幌でも増えてきました。

 

あと、最近の傾向として女性の方がパワフルという傾向もあるようですね。

男性である私も負けずに頑張らないと・・・

 

しかし、なかなか成功している企業は札幌でも少ないようです。

それは、女性活躍ということで「女性への社員研修」という意識が強く、女性社員を対象として社員研修を実施する企業が札幌でも多い為です。

女性社員が活躍できる職場環境づくりは、実は男性社員と経営陣への社員研修が必要なのです。

 

女性社員がどんなに頑張ろうとしても、職場の上司や男性社員からの理解が無ければ活躍できない環境になってしまうのです。

どうしても男性社員は「女性社員はそのうち辞める」という意識が強く、その空気を感じてしまうと女性社員のモチベーションも下がってしまいます。

ですので、全社員に女性社員が活躍するための意識改革をする為に経営陣も社員研修に参加し、本気で女性活躍に取り組むんだ、という姿勢を示すような社員研修が必要なのです。

 

まずは、最初の女性管理職を誕生させ、前例を作ることが重要となります。

その前例をどうやって作るのかも、社員研修に取り入れるといいと思います。

 

そして、実際に多い、一番の悩みどころは育児休暇を取得した女性社員が復帰直前に退職してしまうケースではないでしょうか。

私も色々な企業で聞いています。

これも全社員を対象に社員研修を実施し、育児休暇中の社員にどの様なフォローアップをするか実際にうまくいっている実例を検証するような社員研修が必要です。

 

そして、どうしても男性社員と女性社員では考え方の違いがあり、コミュニケーションのとり方も社員研修で学ぶ必要があるでしょう。

男性社員は女性社員に対して過剰に過保護になりがちですが、そうではない、ということと、逆に育児休業から復帰した女性社員に対して、適度な仕事量と責任を与えられる制度づくりも重要になってきます。

こういった問題をトータルに扱える社員研修も実施できますので、ご相談下さい。

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。

投稿者プロフィール

中山 大輔
中山 大輔株式会社アーシブ 代表取締役・日本メンターコーチ協会 認定コーチ
11 年間会社の総務人事担当者として、労務管理や社員教育などを担当。
株式上場チームにも所属し、その際、内部統制構築、内部監査
子会社統括管理の担当者となる。
その後、研修会社に転職し日本全国で延べ2,000 時間以上の社員研修の実施に携わる。
2016 年に株式会社アーシブ設立。
リーダーシップやマネジメントの企業研修講師を行い
介護施設の離職率を20%から6%に下げ
ホテルでは新入社員の離職率が50%前後だったのを1年で11%
2年目は7%にするなどの成果を出している。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

サッカー日本代表 森保ジャパンが好調な理由

経営者、管理職、社員の考えの違いを把握して社員研修を行うことができる研修会社を選ぶことが札幌でも重要です

「しっている」か?「している」か?

新型コロナウィルスに負けない!今を生き抜く方法とは

ラグビー日本代表が3連勝

社員の意識改革を起こす為の社員研修を広めるために札幌でも頑張っています

PAGE TOP