研修スタッフブログ

価値観の違いを受け入れる

あなたは自分の価値観と違う意見を言われたらどうしますか?

それは違う!と反発するでしょうか?

あまり重要ではないことであれば

「そういう意見もあるんだな」

と、耳を傾けるかもしれません。

しかし、それが自分のプライドだったり

故郷の価値観を否定するものだったらどうでしょう?

実は5月にアメリカで、ある日本人の女性の発言が話題になりました。

きのこ雲、誇れますか?

これはワシントン州にあるリットランド高校に留学した女性の話しです。

このリッチランドは長崎に投下された原爆のプルトニウムが生産された町です。

この核関連産業が町の経済を支えてきました。

この高校にもきのこ雲を描いたロゴが使われており

「原爆のおかげで戦争が終わった」

と、自分たちの町の誇りにしています。

それに違和感を覚えた留学生の日本人の方が

校内放送で自分の考えを話しました。

原爆の投下で多くの市民が犠牲になったことなどを話し

「きのこ雲は、爆弾で破壊したもので作られています。

きのこ雲に誇りを感じることはできません」

と締めくくりました。

さて、どんな反応だったのか

あなたなら自分の誇りを否定されたとき

どんな反応をしますか?

あなたを誇りに思う

その反応は様々だったようですが

「あなたを誇りに思う」

「あの動画がなければ日本側の意見を知ることは一生なかった」

と、勇気ある行動を称賛する意見も出ました。

もちろん、この女性も素晴らしいですが

この意見を認めたリッチモンド高校の生徒も本当に素晴らしいです。

もちろん、原爆で戦争が終わったんだ、という意見も出ていますが

この話は地元紙でも取り上げられ

様々な場所で議論がされたそうです。

何より驚かされるのが

この意見を校内放送で話すよう勧めたのが

このリッチモンド高校の先生なのです。

そして英文のスピーチ原稿の作成には

ホームステイ先の家族が協力してくれたそうです。

相手を認め自分の意見も伝える

自分の価値観と違うことを言われると

つい身構えてしまい反論してしまいます。

しかし、相手の意見を尊重したうえで

自分の意見を伝え、議論していくことが

重要ではないでしょうか。

今は価値観も、ものすごいスピードで変化しています。

私の地元は札幌ですが

以前よりも様々な国の人を見かけるようになりました。

国が違えば価値観も違います。

相手の価値観を認めつつ、自分の価値観も伝え

従わせるのではなく、議論を重ねることが重要です。

それが、離職率を下げ、生産性を上げる事にもつながります。

相手の価値観を認め、自分の意見を伝える方法の研修も行っています。

興味のある方は方はお問い合わせください。

また、社員研修を企画したいが、迷っているという方は弊社より

絶対に失敗しない社員研修7つのステップ

の資料を無料でお届けしておりますので、参考にしてください。

任意お名前
任意ふりがな
必須メールアドレス
任意御社名

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA