研修スタッフブログ

コーチングの基本とは?

リーダーシップを学ぶ、という点でコーチングが話題になります。

特にスポーツ界では当たり前となってきているコーチング。

日本ハムファイターズがコーチングを導入して強くなったのは有名で

選手育成が上手い球団としても有名になりました。

今や色々なところで学べるようになったコーチングですが

間違った使い方をしている人が多いのも事実です。

さて、あなたは「コーチング」と聞くと

どんなイメージがありますか?

コーチング=質問 は間違い

「コーチングって質問でしょ?」

という印象を持たれている方は多いですが

実は間違いです。

いえ、間違いは言いすぎですね。

コーチングのスキルの中に「質問」がありますので

間違ってはいないのですが

コーチングで重要なのは「質問」ではないのです。

ここを勘違いしてしまうと

ネット上で言われている

「うざい」「効果ない」とか

「尋問されてるみたい」

という印象しか残らなくなってしまいます。

コーチングのポイントは?

それは

「相手を認めること」です。

たとえ、認められない意見を言われたとしても

否定せず一旦受け止める

ということです。

まずは相手の話しを聞く「傾聴」が一番重要なのです。

決して口を挟まず、相手の話しを聴く。

実はこれがコーチングで一番重要なのです。

傾聴が今のリーダーに求められている

傾聴だけで、相手の行動や成長を促すことができます。

もちろん一朝一夕ではできません。

何度も何度もコーチングを続けなければ

理想的な状態にはできませんが、しばらくすると変化が見えてくるはずです。

傾聴だけで、なぜできるのかというと

昨今話題になっている

「承認欲求」を満たせるからです。

自分の話しを聴いてもらえる、というはとても安心します。

これが「自分は認めてもらっている」という「承認欲求」に繋がります。

また、他の効果もあるのですが…

フロイト的失言というものです。

3大心理学者のフロイトが発見したものですが

人は話しをすればするほど本音を隠せなくなる、というものです。

コーチングは他にも「承認」「質問」というスキルがありますが

そちらは別の機会に。

どうしても知りたいという方はお問い合わせください。

また、社員研修を企画したいが、迷っているという方は弊社より

絶対に失敗しない社員研修7つのステップ

の資料を無料でお届けしておりますので、参考にしてください。

任意お名前
任意ふりがな
必須メールアドレス
任意御社名

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA