「しっている」か?「している」か?

現在は新型コロナウィルスの関係で

対面での社員研修は減少しておりますが

オンラインでのセミナーや研修が多く実施されています。

弊社でも色々と実施させていただきました。

しかし、専門分野に関する研修やセミナーは別ですが

恐らくは、どんな研修やセミナーも内容は大差無いはずです。

自らの首を絞めるようなことを言いましたが

では、違いは一体何でしょうか?

100知るより1行動

タイトルにもありますが

「知っている」と「している」では大きな差があります。

知識を増やしても実際の行動に移さなければ

何の効果もありません。

100の知識があっても

1つの行動を実践している人には敵いません。

研修やセミナーを受講すると新しい知識が増え

自分が成長した気持ちになりますが

実践しなければ何も学んでいないのと同じです。

試しにやってみよう

こういった気持ちになれるかが重要です。

せっかく学んだ知識も実践しなければ意味がありません。

「試してみよう」

そう思う事が重要です。

「100の知識よりも1つの行動」です。

もちろん、そう思えるセミナーや研修になるように

実施する側も工夫が必要です。

アーシブでは、どのような雰囲気の研修なのか

紹介の動画を公開しております。

下記よりご確認ください。

        <h3>詳しくは人財育成のご案内をご覧ください</h3>        
        <a href="https://ahsib.jp/service-information/" role="button">
                    人財育成のご案内
                </a>

投稿者プロフィール

中山 大輔
中山 大輔株式会社アーシブ 代表取締役・日本メンターコーチ協会 認定コーチ
11 年間会社の総務人事担当者として、労務管理や社員教育などを担当。
株式上場チームにも所属し、その際、内部統制構築、内部監査
子会社統括管理の担当者となる。
その後、研修会社に転職し日本全国で延べ2,000 時間以上の社員研修の実施に携わる。
2016 年に株式会社アーシブ設立。
リーダーシップやマネジメントの企業研修講師を行い
介護施設の離職率を20%から6%に下げ
ホテルでは新入社員の離職率が50%前後だったのを1年で11%
2年目は7%にするなどの成果を出している。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

インフルエンザB型が猛威を奮っています。

新入社員研修よりも実は重要な社員研修を札幌で実施するには?

ネガティブ思考の改善

ネガティブ思考を改善する

札幌ではあまり事件はありませんが、助成金を使って社員研修を行いたい場合の注意点

社員教育よりも求人対策の方が先決か?

PAGE TOP