研修

社員教育の問題点はどこにあるか?

以前研修を実施した際、受講者様に大変喜ばれた研修がございます。

アンケート結果も大変好評で、早速明日から実践します、という感想を多くいただけました。

ところが後日、研修効果を測るため色々とヒアリングさせていただいたのですが、研修で学んだことを実践している方はごく少数という結果でした。

こちらとしては手応えを感じていたので、かなりショックを受けたのですが原因を探っていくと「上司が新しいやり方を認めてくれない」という意見が多く見られました。

これではどんなに研修を実施しても効果が少なくなってしまいます。

リーダー研修を事前に行い、研修による社員教育の意義を理解していただいていたら、このような結果にはならなかったかもしれません。

あまり知られていませんが、戦後の日本である実験が行われました。

メイドインジャパンは今でこそ高品質の代名詞ですが、戦後は安かろう悪かろうの代名詞で、あるメーカーの品質が悪いのは何が原因かを分析し、本質的な問題点を1点だけ解決するという実験が行われました。

すると、色々な問題点が自然と改善され、今のような高品質な商品が作られるようになりました。

社員教育も、今の本質的な問題点をはっきりさせなければ時間とお金をただ消費するだけです。

外部からの客観的な視点も取り入れ、まず取り組むべきことをはっきりさせましょう。

任意お名前
任意ふりがな
必須メールアドレス
任意御社名
任意電話番号
必須相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA