研修

大阪なおみ選手おめでとうございます!

女子テニスの大阪なおみ選手が1月26日メルボルンで行われた全豪オープンで見事優勝。

さらにアジア勢初の世界ランキング1位という快挙を成し遂げました。

10kgの減量など、肉体的な変化はもちろん

メンタル面の成長も大きいと思います。

今までの試合と違い、苛立ってラケットを投げつけそうになっても

思いとどまって笑顔を見せるなど、今までとは明らかに違いました。

トップアスリートに限らず、ビジネスでもメンタルを整えることは非常に重要です。

では、大阪選手はどのようにメンタル面を鍛えたのでしょうか?

メタ認知

メタ認知とは簡単に言うと自分自身を客観的に見ることです。

大阪なおみ選手も自分自身に「まだまだ焦る場面ではない」と

言い聞かせていたそうです。

ビジネスの場面でもミスした時などパニックに陥ることがあります。

そこで自分自身の状況を客観的に見ることができるか、が重要になります。

人間は基本的に自分にできないことは目を背ける

時に人間は現実逃避してしまいます。

「後で考えよう」

「まあ、何とかなるさ」

しかし、これでは問題解決どころか悪化させる可能性があります。

まずは自分に何ができて何ができないのか

これを把握しないと成長にできません。

しかし、自分自身で把握することはとても難しいです。

大坂なおみ選手にとっては二人のコーチの存在が大きかったようです。

自分を客観的に評価し、自分より自分を信じてくれる存在

コーチは大坂なおみ選手以上に大坂なおみ選手の可能性を信じていました。

コーチが客観的にできること、できないことを指摘してくれていたのだと思います。

コーチの言葉で大阪なおみ選手も自分自身を客観的に評価できるようになったのだと思います。

 

例えば、組織内で苦手な相手が居たとしたら

なぜ苦手なのか?

どのような対応策があるか?

といったセルフモニタリングが重要です。

しかし、大抵の場合、人間は自分を過小評価か過大評価してしまいます。

そういう場面でコーチの存在は重要です。

パニック状態になっても冷静に現在の状況を把握できるようにする。

相手の思考の癖に気付いてもらい、改善に向かわせる。

こういったメンタル面を強化できるようなリーダーが

企業で求められています。

 

弊社でもコーチング研修は実施可能ですので

興味のある方はお問い合わせください。

 

また、社員研修を企画したいが、迷っているという方は弊社より

絶対に失敗しない社員研修7つのステップ

の資料を無料でお届けしておりますので、参考にしてください。
任意お名前
任意ふりがな
必須メールアドレス
任意御社名

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA