社員のモチベーションUPで生産性アップを実現

もっと深く聞いてみたい

という方は、お電話「お問い合わせ」クリックして

「もっと聞いてみたい」と私に伝えてください。

     ▼ 「お問い合わせ」ボタン ▼

 

 

1時間30分程度にボリュームアップした内容を、直接お話させて頂きます!

 

【以下に動画の内容を簡単にまとめました】

現在は大企業、中小企業を問わず、労働生産性を上げる努力をしています。

では、労働生産性を上げる要素はなんでしょうか?

 

 

やはりモチベーションが重要となってきます!

 

近年の研究では、モチベーションが高い人の生産性は

モチベーションが低い人より31%高いという研究結果も出ています。

 

モチベーションと生産性向上の関連性の調査

というのは実は昔から行われていました。

ホーソン実験

では、スタッフが「見られている」「注目されている」と感じているとき、仕事の効率がアップするということがわかりました。

プロジェクト・アリストテレス

では、「こんなことを言ったら仲間から馬鹿にされないだろうか」「リーダーから叱られないだろうか」という不安がない組織は生産性が高いということがわかりました。

 

つまり、生産性は社員のモチベーションに大きく関係することが昔から実証されていたのです。

 

モチベーションを高めるには?

これが重要になってきます!

 

モチベーションを高める5つの簡単な方法があります。

①毎日5秒のコミュニケーションを取る

②ひたすら聞き役に徹する

③どうして○○したんだ?なんで○○したんだ?ではなく

 どうやったら○○できる?と質問

④「頑張ってるね」ではなく「いつも頑張ってるね」

⑤注意する時は「こんなことになって私は残念だ」

この方法を繰り返す事によって、モチベーションはどんどん上がっていきます。

これならすぐに実践できますよね?

 

しかし、モチベーションは持続しない

あなたも経験があるかもしれません。

これは、防衛本能が言動を変えることを脅威と感じ必死に元に戻すためです。

 

多くの人が勘違いしている「モチベーション」

実は普段「モチベーション」と言われているものは

瞬間的な火事場のクソ力のような「テンション」と勘違いされているケースが多いです。

「モチベーション」とは本来「何かをする際の動機づけや目的意識」のことをいいます。

 

モチベーションを維持することは防衛本能と戦うこと

つまり、モチベーションを維持する=防衛本能と戦う

ということになります。

その為の武器が「動機」「目標」なのです。

 

動機と目標をどうやって設定するか?

目標については、あなたはすでに持っています。

「経営理念」「経営ビジョン」などが「目標」に当たります。

 

動機については

私が嫌々始めたこの人財育成事業を

なぜこんなにもモチベーションを高くすることができたのか

動画で語っていますので、そちらを見て下さい。

 

今回のセミナーでは約20分程度の内容ですので、私もまだまだ伝えたい事がたくさんありました。

もっと深く聞いてみたい

という方は、お電話「お問い合わせ」をまたクリックして

「もっと聞いてみたい」と私に伝えてください。

▼ 「お問い合わせ」ボタン ▼

1時間30分程度にボリュームアップした内容を、直接お話させて頂きます!

 今から取り組まないと手遅れになります

あなたも御存知の通り、これから労働人口は減る一方です。

色々な企業が生産性アップをする為に、こういった社員教育に力を入れています。

 

でも、予算が・・・

ご安心下さい!

今回ご提案させて頂く「社員のモチベーションUPで生産性アップを実現」研修は

3万円でご提供させて頂きます!

まずは、最初の導入ということで、お試し価格でのご提供です!

 

▼ 「お問い合わせ」ボタン ▼

 

社員の皆様に研修中に目標設定をしてもらい、モチベーションを高める社員研修も

こういった社員研修の実施も可能です。

ただの知識の吸収だけではなく、実践的な社員研修の実施も可能です!

 

まずは無料相談から

もちろん、あなたのお悩みや問題点、改善点をヒアリングさせていただき

その内容を盛り込んで社員研修を実施致します。

 

その為にも、まずは一度あなたのお話しを聞かせてください。

相談は無料ですし、営業も致しません!

私はあなたのお悩みなどを聞いて、研修内容を作り込みます。

私の考えた研修プランが気に入らなければ遠慮なく断ってください!!

そして、できるだけ早く断ってください!!

 

今の時点であなたのリスクはゼロです

私から営業することもありませんし、駄目だったらあなたは断るだけです。

しかも、私から「早く断ってください」と言ってますからね。

 

しかし、他の企業が社員教育に色々と取り組んでいることは事実です。

まずはスタートが肝心です。

ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ 「お問い合わせ」ボタン ▼

あなたからのお問い合わせを、私は心からお待ちしております!