研修

不適切動画の問題で社員研修実施

大戸屋ホールディングスが先日の不適切動画の件で、12日に国内店舗を一斉休業し全社員に研修を実施すると発表しました。

いわゆるバイトテロ問題ですが、あのような動画を投稿するのは本人のモラルの問題が大きいと思います。

しかし、一斉休業し社員研修を実施することは思い切った判断だと思いますし、素晴らしいことではないかと私は思います。

実はバイトテロだけではなく、故意ではなかったとしてもSNSの投稿が大問題に発展することは枚挙に暇がありません。

気軽に投稿できるSNSですので、特に若い方は大きな落とし穴があることに気づいていないことが多いです。

SNSの扱いにはどのような注意と教育が必要なのでしょうか?

実は恐ろしいSNS

ある市役所で実際に起きたことですが、女性職員が自分の机に新発売の飲み物とお菓子を置いてSNSに投稿しました。

ところが、その机にある会社の償却資産申告書も置いてあり、それも写り込んでしまいました。

これが大問題になり、市は謝罪することに。

また、本人は「情報漏えいのリスクを認識していなかった」と話しました。

あまりに気軽すぎて個人情報漏洩のリスクを考えていなかったようです。

機密情報も漏洩する!?

これも実際にあったことですが、お父さんがあるお菓子メーカーに勤めていたそうですが

このお父さんが新商品開発に携わっていました。

発表前の新商品のパッケージとCMで起用するタレントを知り、そのパッケージとCMのタレントが誰なのかをSNSに投稿してしまいました。

こちらも騒ぎが大きくなり、アカウントを削除することになりました。

SNSの扱いについても教育が必要です

新入社員の研修にSNSの取り扱いについて導入する企業も増えてきました。

弊社でも専門の講師を呼んで実施が可能ですので、お問い合わせください。

また、社員研修を企画したいが、迷っているという方は弊社より

絶対に失敗しない社員研修7つのステップ

の資料を無料でお届けしておりますので、参考にしてください。

    任意お名前
    任意ふりがな
    必須メールアドレス
    任意御社名

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    投稿者プロフィール

    中山 大輔
    中山 大輔株式会社アーシブ 代表取締役・日本メンターコーチ協会 認定コーチ
    11 年間会社の総務人事担当者として、労務管理や社員教育などを担当。
    株式上場チームにも所属し、その際、内部統制構築、内部監査
    子会社統括管理の担当者となる。
    その後、研修会社に転職し日本全国で延べ2,000 時間以上の社員研修の実施に携わる。
    2016 年に株式会社アーシブ設立。
    リーダーシップやマネジメントの企業研修講師を行い
    介護施設の離職率を20%から6%に下げ
    ホテルでは新入社員の離職率が50%前後だったのを1年で11%
    2年目は7%にするなどの成果を出している。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA